ちゅうとはんぱな節約生活

ガンガンやろうとすると三日坊主。ゆるく・ちゅうとはんぱでもやらないよりはマシ、くらいの節約生活を

自分なりの5週間やりくりして思ったこと

Money

 

おはようございます、あじさいです。涼しくなるのは嬉しいけれど急に寒くなるのはやめて… な日々です。

 

4週間のストレス

今日は昨日紹介した方法のどこが良かったのか、自分に合っていたのか、問題点は何か、などを。

 

2014年にこの方法を知ってからずっと1ヶ月を5週間に分けてやりくり(できてない時もあるけれど)してます。ただ、私は1ヶ月は1ヶ月とし、5週間目が3日になったり2日になったりします。考え方を導入しました。

 

mai-happy.com

 当時の記事からアップデートされてます

 

fuwari-cafe.com

 

 

それまでは、1ヶ月をぼんやり4週間でで捉えていて、最後にくる数日がめんどくさかったです、ほんとに。31日の月が恨めしかった。窮屈な感じ。きちきちやりくりしてたけど最後の数日で台無しになったりも。

 

必要なのは余裕

家計や節約に取り組もうとした時、どうしても肩に力が入ってしまって、ヤルゾ〜!ってはじめのうちは威勢がいいのに、そのうちうまくいかなくなって、もうヤメた、ま、いっか、とズルズルになるというのがパタンのような気がします。(自分がそう)

 

なんども止めては始め、止めては始めを繰り返したベテランからしますと、必要なのはゆったりした気持ち、余裕、ダメでもまたやり直そうって思うポジティブ思考、かと思われます。

 

5週間やりくり、にはその余裕が初めから設定されてるんですよね。

 

4週間プラス数日、の数日に翻弄されない。(私の場合)

 

5週目が3日になろうと2日になろうと、1週は1週。初めから予算を5週に振り分けることがどれほどの余裕に繋がるか、この考え方はほんと素晴らしいです!

 

5週目に余った分は貯金に回す。あるいは自分のご褒美に使う。へそくりにする。

 

方法はいろいろ

袋分けでも紙にオリジナルの手書きでも、市販の家計簿でもエクセルでもなんでもいいと思います。いろいろ試してみたらいいのではないかなと。

 

私は袋分けもしたし、手書きもしたし、市販家計簿も試しました。(下記)

 

 

 

そして今はネットで見つけてダウンロードできるエクセル家計簿を使用中です。これも本当にベストかどうかはわかりません。また書きますね。

 

 

やりくりする費目

記事にもありますが、5週間やりくりするのに適したもの、適していないものがあります。私は、

 

  • 食費
  • 自分の小遣い

 

です。

 

他は、その時によって必要なものが違ってくるし、1週間単位ではあまり考えられなくて家計簿を見ながらです。

 

食費は予算を決めて5で割る。調味料がばたばたと無くなったりすると多くなるし、ここら辺も別枠にしようかなと思ったこともありますが、適当な感じで。

 

続ける

子供が帰省したら予算も多く取るし、お盆、ゴールデンウイーク、お正月などは多くかかりますし、予算も毎月変えちゃってます。

 

うまく収まる時もあればダメな時もある。皆さんが書いてますが、とにかく続けること。ダメでもなんでも続けること、これしかないのではないかなと、当たり前なんですが、当たり前が大事だったりしますね。

 

ああ、失敗だった、と思ったら次の月にまたトライ。やりくりがちょっとでも上手くいってへそくりに回せれば楽しくなりますよね。

 

それではまた。

 

 

あじさい

  

 

にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ
にほんブログ村